いぃあんべに

日々の事柄を「いぃあんべ」に綴って行きます。 更新不定期。支離滅裂。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋祭りも終って

ただいま、虚脱状態&お疲れモードのhirachooです。

リアルタイム更新を目指したのですが、残念ながら無理でした。

お祭りの三日間を少しまとめて見ました。


まずは山車の紹介から

新町組の山車、風流 松前鉄之助です。
(この写真は自分で撮っていなかったのでお友達の“まつりパパ”さんから拝借いたしました。)
新町組 松前鉄之助
ネズミの手足の配置がリアルです。

大町組の山車、風流 坂田金時土蜘蛛退治
大町組 坂田金時土蜘蛛退治
この山車は自分の組のであるので思い入れも一番強いですね。
顔を塗るのに時間を掛けた甲斐がある出来栄えとなりました。
お世辞も含めて色々な方からお褒めの言葉を頂きました。
ありがとうございました。
もちろん、人形のポーズ、土蜘蛛の作り、松、桜、牡丹の制作および配置、みんなが頑張って作った力作です。

の組の山車、風流 義経 鵯越の逆落とし
の組 鵯越の逆落とし
義経と馬が崖を下る様子が見えるようです。

愛宕組の山車、風流 上杉謙信
愛宕組 上杉謙信
これもまた馬の迫力がすごい、間近で見るとホントに馬がでかい。
馬の目の造りにこだわりが感じられます。

ろ組の山車、風流 義経八艘飛び
ろ組 義経八艘飛び
義経が飛んでます。

岩手ライオンズクラブ&岩手中央幼稚園の山車、風流 鍾馗さま
鍾馗さま
この顔ホントに怖いです。よく園児が泣かずに曳いたものです。私なら泣いて逃げます。


三日間のお祭りはあっという間に終ってしまいました。

今年は、ウチの長男のUが太鼓デビューした祭りでもあり、次男のHが初めて全ての山車運行の際の綱を自分で曳いて歩いた祭りでもありました。
残念ながら妻は家庭の事情で一緒に参加する事は叶いませんでしたが、留守宅をしっかり守ってもらいました。

この三日間は山車の運行、門付け回り(花(寄付)貰い)等に出回り、体力的には結構きついところにきています。

今年は次男Hと一緒に門付け回りにも行きました。
この門付けとは、お祭りをするための費用を一般の家庭の方から寄付を頂くために5人くらいの班を組んで各家々を回り、寄付を頂いて回る事を言います。
色々なお宅を訪ねては、
「大町組です、(今年も祭典費の)御協力を宜しく御願いいたします。」と御願いし、
寄付を頂いた場合には御礼及び感謝を込めて「音頭」を上げ(唄い)ます。
大町組では、三日間でかなりの件数を8班及び山車で回ります。
そのたびに感謝の音頭を上げるので咽が嗄れて声がかすれてしまいました。
いま私の声はダミ声になっています(笑)

今年の大町組の出し物は風流(表)が「風流 坂田金時土蜘蛛退治」、見返し(裏)が「鬼若丸」でした。
ありがたいことに音頭も私が作成した物が採用されて扇子に書かれました。
自分の作った音頭を他の人が上げているのを聞くと内心嬉しくなってきます。
今年の音頭は、

●坂田金時土蜘蛛退治●
 化ける妖怪 金時対峙  翳す荒縄 土蜘蛛を獲る
(ばけるようかい きんときたいじ かざすあらなわ くもをとる)
 妖し物の怪 土蜘蛛変化  挑む金時 綱で捕る
(あやしもののけ つちぐもへんげ いどむきんとき つなでとる)

 熊に非ずは 妖怪変化  土蜘蛛に跨り 背堂々
(くまにあらずは ようかいへんげ くもにまたがり はいどうどう)
これはチョイ遊び心をだして

●鬼若丸●
 奇譚巨鯉退治 滝棲む主と  鬼若搏闘 怯む巨鯉
(きたんこいとり たきすむぬしと おにわかはくとう ひるむこい)
 剛勇鬼若 荒ぶる滝で  荒ぶ巨鯉を 両手狩り
(ごうゆうおにわか あらぶるたきで すさぶこいを もろてがり)

●山車音頭●
秋の澄み空 勇の唄と  祝いの太鼓が冴え渡る
(あきのすみぞら いさみのうたと いわいのたいこが さえわたる)
秋の実りに 稲荷の杜に  奉る山車と 祝い唄
(あきのみのりに いなりのもりに まつるくるまと いわいうた)

…他にもありますが多すぎるので割愛…

Hは、大人が家の玄関を開けると先に玄関に飛び込み「ごめんくださ~い!」と入って行き、「大町組で~す」と勝手に元気良くあいさつをしていました(笑)
将来は音頭も上げてもらいたいものです。

まだまだ書きたい事は沢山あるのですが、キリがないのでこの辺にします。

私も子供もとても楽しくてあっという間の三日間でした。
一ヶ月の準備期間を苦労した甲斐があったと言うものです。

また来年のお祭りが来たら、なんだかんだ言いながらも、やっぱり祭りにはまっているんだろうな…

お祭りのお話は友人の“まつりパパの徒然日記”にもっと綺麗な画像付きで記事があります。
よろしければ御参照くださいませ。

スポンサーサイト

Comment

 

こんばんは。
いや〜、これほど大きなお祭とは思いませんでした。
それぞれの山車も、とても大きくて華やかで立派です。
ぜひ撮影したいと思いました。絶好の被写体ですよ。
UクンHクンともに大活躍のようで、
hirachooさんもうれしかったでしょう。
息子さんたちが成長するにつれ、ますます楽しみになりますね。

ギターオヤヂさま 

岩手では、八月末から毎週のように県内各地で開催されます。
その大トリがこの沼宮内の秋祭りなんです。

その年最後の開催時期の山車祭りということで、すでに自分の地区の祭が終わった方々や山車祭りファンの注目が集まる祭りとなっています。

盛岡が発祥であり本場であり規模も最大でもあるのですが、近年では各地区の山車組さんの山車作りに対する意識、技術も向上し、お祭りと共に山車の造り比べの様相も呈してきています。

そんなお祭りに参加できた意義は大きいと感じています。

最近ではあまり見られなくなった、近所の知らないオジサンやオバサンに家と同じように叱られたり励まされて、手にマメ作りながらも太鼓の練習をしたりして、学校では教えてもらえない貴重な社会勉強となったと思います。

私も子供の頃からお祭りに参加していたので近所のほとんどのオジサンやオバサンに叱られたくちです。
今でもよく叱られます(笑)

沼宮内の人間が祭りにハマると年寄りになっても関わる事になるので、先は長いです(笑)

ギターオヤヂさんのお子さんはシャギリ(これも祭りですよね?)の練習を通じていろいろな経験をされて成長されることと思います。
楽しみですね。

  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.10/10 22:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

はじめまして☆ 

ウチのブログに来て頂いてありがとうございました(^◇^)

お祭り、本格的なので驚きました。
これだけ力入れると、気持ちいいでしょうね。
達成感がありますよね!
東北のお祭りは、規模が大きいものが多いような気がするのですが、伝統を守っている方々がいらっしゃるからでしょうね。
  • posted by 蜩 
  • URL 
  • 2007.10/12 13:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

蜩さま 


こちらこそ御来訪ありがとうございます。

金木犀はかなり好きなもので、黙って読み逃げはできませんでした(笑)

祭の達成感は大きいですねぇ確かに。
山車の制作に一ヶ月以上を欠けてますし、大体にして祭が終わるともう次の年のお祭りの準備が始まると言っても過言ではありません(笑)

ひとまずは傘壊し(かさこし)と呼ばれる慰労会のような打ち上げの飲み会が開催されて一区切りとなります。

規模は盛岡市の祭と比べると小さいのですが、心意気は負けていません(と、思っています)。

南部山車、盛岡山車、で検索するとイロイロと引っ掛かると思います。
よろしければ見てみてください。

伝統、地域文化というものが身近に在ると言うのは有り難い事だと思っております。
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.10/12 15:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

お疲れ様でした 

こんにちは〜!
お疲れ様でした、声(喉)大丈夫ですか?
本当に盛大なお祭りですね〜!
楽しくないわけが無い!!って感じですね(*^_^*)
時間を掛けて準備して、3日で終わるのは
少し寂しいですが、又来年へのお楽しみですね
お子様も楽しまれたようで、本当に良かったですね!
私たちの近隣では、こんな盆踊り以外のお祭りは
特に無いので、こう言うお祭りって
思い出に残るだろうし、羨ましい限りです。
  • posted by ちゃーみー♪ 
  • URL 
  • 2007.10/13 13:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちゃーみー♪さま 

コメントありがとうございます。

たった三日間の本番終了で山車を解体してしまうのは非常に残念ですねぇ。

子供はお祭りはもちろんの事、露店回りも気に入ったようで既に来年のお祭りを楽しみにしております(笑)

あと1週間もすると、そろそろ「さて、来年のお祭りはどうする?」という話が出てくるでしょう(笑)
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.10/15 09:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは! 

お元気でしょうか〜?
12月になりましたね
そちらはもう雪でしょうか?
風邪などめされませんよう。。
  • posted by 桜子 
  • URL 
  • 2007.12/02 00:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

いぃあんべですか?

いぃあんべ計:
いぃあんべ今:

flash時計「OLD」

プロフィール

hirachoo

Author:hirachoo
性別:おやぢ
職業:なんちゃってプログラマー
家族:妻一人、子二人、愛人三人希望
現況:単身赴任中(週末父ちゃん)
趣味:木札等の木工制作
好事:地元の祭関係の事
    (山車、音頭 等)

東北は岩手の暮らしのローカルネタを
”いぃあんべ”に書き綴ってゆきます。

※いいあんべ、
 地元の方言で「良い按配」のこと。

・按配(あんばい)とは、
 加減・具合・程度のこと。




最近の記事+コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。