いぃあんべに

日々の事柄を「いぃあんべ」に綴って行きます。 更新不定期。支離滅裂。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆踊り(の練習)

お盆まであと半月程となりました。
盆と言えば“盆踊り”ですよね!?
皆様の地元でも盆踊り大会など開催されるものと思われます。




もちろん私の地元でも“盆踊り”は開催されるのですが、年々規模が縮小し、且つ開催件数も減ってきております。
私の地元では町内まとめて1つの盆踊り大会と言う開催方式ではなく、各地区単位で盆踊りを開催します。
昔はお盆になると10地区くらいで別々にそれぞれ盆踊りを開催していたらしいのですが、最近では多分4つか5つの地区くらいと思われます。

私の地区でも昔は盛大に“懸賞盆踊り大会”を開催しておりました。
商店会のある地区であったため、スポンサーを募り、は箪笥やらテレビやらの豪華賞品を取り揃え、メインの通りを通行止めにして一晩中ドンドコとやっていたと思います。
私も子供の頃は踊れないくせに輪に入って踊るフリをして、エンピツを貰ったりした覚えがあります。

ところが、今では見る影も無く、不景気のあおりを受けてこのかた開催もしなくなってしまいました。

三年ほど前に地区の盆踊りを開催した時の事です。
私の地区に住む人で、盆踊りの太鼓を叩ける人がいないので、他所から太鼓を叩ける人に来ていただいて開催をしたのですが…

その時は規模も小さく行ったのですが(盆踊りのみ、懸賞等は無し)、観客(踊り手さん)もほとんど集まらず太鼓の音が寂しくドンドコ鳴っている状況になったらしいのです。
その状況でも太鼓の打ち手の方は、人寄せの為にも太鼓を打つのをやめる訳にはいきません。
一人懸命に太鼓を叩いているその横で、主催者の商店会の面々がベンチにドッカと座ってお酒を飲みながら談笑していたらしいのです。
太鼓打ちの方は、それを見てすごく腹を立てたらしいのです。
「もう頼まれてもここの盆踊りの太鼓は叩きに来ない!」と後に私に言ってくる程の怒りようでした。
(太鼓打ちの方は、昔々父の弟子だった方だったので付き合いがあったのです)

確かに、盆踊りをするから太鼓を叩きに来てくれと頼んだ面々が、客も少なく太鼓だけがドンドコ回っている状況で、踊りもせずに酒を飲んでお喋りをしているなんて私でも怒りがこみ上げてくると思います。
その後、そのお話を振興会長に話したところ、「それは良くないな」とは言ってくれたのですが、「実は踊れる(踊りを知っている)人が少ない」と打ち明けてくれました。
考えてみれば、私もろくに踊りを踊れません。太鼓なんてもちろん叩けません。
その時から(二年ほど前から)友人と「盆踊りをキチンと踊れるようにしよう!」と話をし、振興会長などに働きかけて今年の振興会の新年会でも話をしました。

そしたら、実現しました。
盆踊りの練習会(講習会)です。
踊りはもちろん、太鼓も練習する事になりました。
(太鼓を叩ける人も減ってきているそうです。)

7月に入ってから毎週土日の夕方7時から9時まで練習をしています。
盆踊りもちゃんと踊るのって結構難しいんですよね。
手と足が逆!、或いは手と足が一緒だ!
などど注意を受けています。

地域文化の継承とかなんとか、そんな大層な事を言うつもりはありませんし思ってもいません。
ただ、地元の風習って廃れるよりは存続したほうが嬉しいですよね。

毎週土日だから妻や子には迷惑をかけているとは思いますが、自分で望んだ練習会ですから休むわけにもいきません。
(休むつもりはないですが)

最近、ちょっと踊れるようになったし、太鼓も沼宮内甚句とよつ甚句だけは叩けるようになりました。
地元の盆踊りは四種類あって、沼宮内甚句、よつ甚句、長者の山?、よしゃれ(シャーシャー)?とあるのです。
(名称はちょっと間違えているかも…)

それぞれ踊り方はちょっとづつ違っており、リズムも番手が上がるとどんどん早くなります。
でも、踊れると楽しいのですよこれが…

今年の8月18日に本番の“盆踊り”を開催する事に決定したみたいです。
本番まで時間がありませんが出来るだけ踊れるようになりたいなぁ~

皆さんは地元の盆踊り、踊れますか?



------------------------------------------------
業務連絡

コメントの編集が出来ない旨の指摘を頂いておりました。
どうやら、テンプレートの設定のようでした。
テンプレートそのものの編集をするのは時間がかかりそうだったので、ひとまずテンプレートを変更しました。
携帯版も同様に変更しました。
ご指摘有難うございました。

スポンサーサイト

Comment

 

盆踊り、俺の住む所も地区単位ですよ
たしかに夏祭りはそれなりに残ってるけど盆踊りは少なくなってきているようですね
俺の地区の盆踊りもかなり小規模になってきているようです

日本伝統の文化や慣習って残しておきたいものってかなりあるんですよね
盆踊りに関しては先祖に対しての絡みがあるじゃないですか、先祖の存在って今の自分がこの世に生きている事に対して大きな位置を占めてると思うし、先祖を敬う、尊うという意味でも残していきたいものですよね
  • posted by SYO-TA 
  • URL 
  • 2007.07/30 05:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

SYO-TA様 

コメントありがとうございます。

まったくその通りですよね。

日本の伝統や文化、慣習など残しておきたいものを、残そうと思わないと(実行しないと)残せないと言う最近の風潮に少し不安を覚えます。

また、御先祖様を敬う気持ちを持つって大切ですよね。

私の地域の盆は13、14、15、16の四日間ですが、その期間中は毎晩家の前で篝火(迎え火、送り火)を焚きます。
昔は街の通りに篝火がずらっと列び、そこで花火をする子ども達が沢山いて、とても賑やかだったのですが、今は子供の数も減り寂しいかぎりです。

昔ながらの風習っていいですよねぇ。

  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.07/30 14:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.07/30 18:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.08/03 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.08/05 14:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

いぃあんべですか?

いぃあんべ計:
いぃあんべ今:

flash時計「OLD」

プロフィール

hirachoo

Author:hirachoo
性別:おやぢ
職業:なんちゃってプログラマー
家族:妻一人、子二人、愛人三人希望
現況:単身赴任中(週末父ちゃん)
趣味:木札等の木工制作
好事:地元の祭関係の事
    (山車、音頭 等)

東北は岩手の暮らしのローカルネタを
”いぃあんべ”に書き綴ってゆきます。

※いいあんべ、
 地元の方言で「良い按配」のこと。

・按配(あんばい)とは、
 加減・具合・程度のこと。




最近の記事+コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。