いぃあんべに

日々の事柄を「いぃあんべ」に綴って行きます。 更新不定期。支離滅裂。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしかった事

私が良く見に行くブログの“虹を渡って”様でブログ読者に書いてほしい記事をリクエストを募るという画期的な企画を行っていまして、私もリクエストを致しました。
そして、光栄な事にリクエストに応えて頂き、そのコメント欄にて、私もいつか自分の恥ずかしかった話しを公開しましょうと書き込んでおりました。

今回は公約どおり、私の恥ずかしかった話を…



が、もちろん恥ずかしかった話なんてたくさんあるはずなのですが、結構忘れているみたいです。
とりあえず思い出した話を2件。

●まずは、新入社員時代の話。

当時、勤め先が新橋にあった頃の話ですが、同僚と二人で新橋駅へ通勤定期を会に行ったときの事。
歩いていて定期券売り場が見えたので、売り場の方へ向かおうとしたら、同僚は違う方向へ行こうとしている。

私は同僚の腕を取り
「お前どこに行くつもりなんだよ!、コッチだよコッチ!」
と言いながら同僚を引っ張って売り場に向かう。

同僚は、
「違う違う!」
とか何とか言いながら抵抗してくる。

私は売り場の目の前まで引っ張ってきて
「ほら!ここが定期売り場じゃん!」
と言ってやった相手は全然知らないオジサンだった…

そのオジサンは
「だから違うって言ってんのに…」
と、困った顔をしていた。

私は
「スミマセン、間違えました!」
としか言えず、オジサンはヤレヤレといった感じで立ち去っていった。

周りで見ていた人たちと目が合うと、みんな目を逸らして笑を堪えているような顔をしている。

居た堪れなくなった私は、定期も買わずに顔を真っ赤にして、その場をそそくさと立ち去ったのは言うまでもない。

●かれこれ10年程前の夏のこと…

当時田舎にちょくちょく帰ってくるようになっていた私。
現在の妻の家の隣は、私の幼馴染Mの家でした。
そのMと一緒に海に言ったときの事。

秋田の海水浴場に行ったのですが、Mがゴムボートを持ってきていました。
Mが言うにはボートを沖のブイに繋いで、そこで漂いながらビールを飲むと気分が良いとの事でした。

浜にパラソルを立て、シートを敷き、ボートに空気を入れて準備完了。
さぁ行くか!とボートを引っ張って(オールは無し)沖のブイに向かう。
ブイまでたどり着き、ボートを繋いで乗り込む。
「こりゃいいね!」
「ビールが旨い!」
とか言っているときに、ビーチの監視所が何かアナウンスしていた。
最初は気にしていなかったのだが、どうやら俺達に言っているようだ。
ん?と聞いてみると女性の声で

「沖のブイにボートを繋いでいるお客様、本日は海流が沖の方へ向かって流れておりますのでその辺りに居ると流される危険がありますので、急いでお戻りください!!」

私とMは顔を見合わせて
「ん!?俺達の事か!?」
「仕方ないなぁ、戻るか」
と、ボードを解き浜に向かって泳ぎ始めた。
確かに、来るときと違って流れのせいか時間が掛かる。
ボートを引きながら浜の方へ向かっている途中でまたアナウンスが入る。

「お客様!?、なんだか流されているように見えますが大丈夫ですか!?」

俺達は
「えっ!!、そうか?」
「進みは悪いけど流されてはいないよな?」
と互いに確認するように顔を見合わせる。

ここから叫んでも聞こえるはずがないので、とにかく浜に向かって一生懸命ボートを引いて泳ぐ(徐々に近づいているように感じていた)

そのとき、またアナウンスが…
「お客様!?、戻って来るのが大変ですか?、大丈夫ですか?」

って、そんな問いかけるみたいにアナウンスされても、こちらとしては答えようがない…
気付くとMは知らん振りして一人で浜に向かって泳ぎ始めていた。
浜にいる他のお客さんの視線が俺に集中している。

アナウンス「大丈夫ですか!?」

もう!どうせぃっちゅうねん!!

アナウンス「大丈夫ですか!?」

あーもう!っと思い余って、
頭の上に腕で“○”を作った。
(この動作をするだけでもちょっと恥ずかしかった)

これで大丈夫なのは解って貰えたかなと思っていたら。

アナウンスで
「あ~!、マルですね!、大丈夫ですね!」
って…
(そんな、あんた、いちいち言わなくても…)

浜の方から笑い声が聞こえてきたような気がした…

Mは完全に知らん振りして距離をとっている。

俺一人、ボートを引っ張って泳いでいる。
顔が赤いのは泳いで体力を使っているせいではなかった。

浜にボート揚げた時、速攻で空気を抜いて隠したのは言うまでもない。
(あと、Mの事を散々攻め立てたのも言うまでもない)

この海水浴場での件は文章にすると旨く伝わらないと思いますが、ものすごく恥ずかしかった。

恥ずかしかった事って結構あるはずなんだけど、思い出せない物ですね。
(もっといっぱいあるはずなのですが)
スポンサーサイト

Comment

 

こんにちは〜!!
ブログ紹介頂き、ありがとうございますv-421
恥ずかしいお話し、愉しませていただきました。
ほんと、何かと、hirachoo様の光景が目に浮かぶようで
そのおじさんも、ある意味恥ずかしかったでしょうね〜v-410
でも、その時同僚さんは、どうしていたんですか?
結局売り場は、どっちが正しかった?
同僚さんを、おいて帰ってきた?
いや〜とにかく、その場から一刻も早く
逃げ出したかったのでしょうv-410
2つ目は、結構危険な事をされていたんですね!
あまり、海でお酒はいけませんよ〜!
それにしても、白状なご友人!!
監視員の方は、hirachoo様の声が聞こえないだけに
命を預かる仕事だし
結構本気で、応答されていたのでしょうね!
本当に、下手したら、流されちゃうかもしれないし。
でも、hirachoo様が
恥ずかしかった気持ちはよく分かります。
恥ずかしかったお話、本当に笑わせてv-411いただきました(失礼!)
しかし、私の恥ずかしかった話は、あまり、笑えないけど
身を削った、恥ずかしい話し
面白さでは、hirachoo様の勝ちだけど
恥ずかしさでは、私の勝ちですな!!v-411
次回は身を削った、お話しお待ちしております。v-410
あ〜、愉しかった〜v-411

ちゃーみー♪様、ありがとうございます。 

こんにちは!

笑っていただけたようで、ホッとしています。

恥ずかしかった話や失敗談は沢山あるのですが、文章にして笑える話となると、なかなかうまく表現できないものですね。

しかも、引き出しに仕舞ってある、もうちょっと笑えると思われる話は、シモ&ウ○コの話ばかりで、とてもとても記事にできるものではございません。
読んだ方は、どん引き間違いなしの代物ばかりで…

なにか当たり障りのない笑い話を思い出したら、また掲載するかもです(笑)

一つ目の定期の話しですが、定期売場は間違えていなかったんです。相方がを取り違えただけで…
一緒行った同僚は見当違いの場所にいました。


二つ目の海での話は、そんなに危険と言うほどの状況ではなかったんですよ。
なんたって沖のブイまで50メートルも無かったんですから。
ただ、水辺から監視所まで100メートル以上あっただけで(笑)

身を削る…、そんなぁ、ちゃーみー♪さんと比べたら私なんてまだまだです(笑)
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.06/27 21:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

おはつです^^ 

楽しく拝見しました。また寄らせて頂きます。訪問履歴にここで頂いた笑顔も一緒に刻んで行きます^^
  • posted by 雲の叉三郎 
  • URL 
  • 2007.06/29 18:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

雲の叉三郎様 

はじめまして。
訪問&コメントありがとうございます。

お邪魔したときにコメントも残さず失礼致しました。
また寄らせて頂きます、よろしくお願いいたします。
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.06/30 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

はじめまして^^ 

履歴からお邪魔します^^。ご訪問ありがとうございました♪
「いぃあんべに」。。いいですね、あったかい感じがします。
私の出身地、福岡の言葉に置き換えてみると「よかごつ(いい感じに・適当に)」に当たるかな?
「恥ずかしいハナシ」2つとも面白かったですv-411
またお邪魔します☆
  • posted by つきほし 
  • URL 
  • 2007.07/02 13:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

つきほし様 

はじめまして。
訪問ありがとうございます。

「よかごつ」、良い響きですね
またお邪魔させていただきます、よろしくお願いいたします。
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.07/03 11:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

いぃあんべですか?

いぃあんべ計:
いぃあんべ今:

flash時計「OLD」

プロフィール

hirachoo

Author:hirachoo
性別:おやぢ
職業:なんちゃってプログラマー
家族:妻一人、子二人、愛人三人希望
現況:単身赴任中(週末父ちゃん)
趣味:木札等の木工制作
好事:地元の祭関係の事
    (山車、音頭 等)

東北は岩手の暮らしのローカルネタを
”いぃあんべ”に書き綴ってゆきます。

※いいあんべ、
 地元の方言で「良い按配」のこと。

・按配(あんばい)とは、
 加減・具合・程度のこと。




最近の記事+コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。