いぃあんべに

日々の事柄を「いぃあんべ」に綴って行きます。 更新不定期。支離滅裂。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日


世間では父の日が話題に上っていると思います。
で、私も父の日にと言うか父親に関して少し思う事を書きます。



私が子供の頃は母の日や父の日と言うのは今ほど一般的ではなく(少なくとも知らなかった)、また親戚に預けられ同居もしていなかったため、そんなことを考えた事もありませんでした。

そんな私ですが、初めて自分の子から児童館の行事で作った父の日の贈り物を貰ったとき、すごく嬉しかった事を今でも覚えています。

その時貰ったのは似顔絵が描かれたティッシュBOXカバーだったのですが、今でもアパートに置いてあります。
ちなみに、描かれてあったその似顔絵は、このブログのプロフィールに使用しております(笑)

私の父は、私が二十代前半の頃に他界してしまい、今となっては父の日の贈り物は出来なくなってしまいました。

今思えば、父親が生きているうちにプレゼントの一つも上げればよかったのかなぁなんて思いますが、親や子供の気持ちがなんとなく理解出来るようになったのって、結婚して子供が出来た今になってからなんですよね…
親父には孝行の一つも出来ませんでした。
一緒に酒を飲んだ事もありません。
残念です。

実は、今の生活があるのには父親も関係しているのです。

私は妻と結婚する前は関東で仕事をしておりました。
住む所も都内各所、埼玉、千葉と転々としておりました。
田舎に帰って仕事なんて微塵も考えていませんでした。

今から十数年ほど前の年の秋に「父の十三回忌だよ」と伯父から連絡がありまして、自分の父親の法要ですから、もちろん帰省したのですが、その法要の日程と地元の祭りが同じ週末だったのです。
伯父が法要のために親戚が集まるのだから、折角なら秋祭りの頃に法要を行えば、来てくれた親戚も楽しめるのではないかと気を利かせて日程を決めたらしいのでした。
私は法要を済ませた後、久しぶりなので地元の祭りに参加させてもらったわけです。

その祭りで知り合った”近所の娘さん”が今の妻です。

出会ったときは、単に近所の知り合いの所の娘さんとしか見ておらず、特に恋愛感情などもなく、大体にして私は正体不明の酔っ払いでした。
関東で暮らしていて久し振りの田舎で、しかも祭と言うシチュエーションで私はかなりハジケていたと思います。
その当時は“まだ”若かったせいもあり、「飲みに行こう!」と初対面の娘さん(現在の妻)を誘って行ったのを覚えています。

祭にハマった私は、関東に住んでいながらも何かにつけては帰省するようになり、そのうちに時々ムスメさん(現在の妻)とも遊びに行くようになり、お付き合いするようになり、結婚とあいなったわけです。

もしあの時、父の法用で帰省しなければ妻と出会う事もなく今頃何をしてたんだろうか…

当時、いい年になっても結婚もせずにプラプラ遊んでいるバカ息子をオヤジが心配したのでしょうか(笑)

残念ながら私にも妻にも、両親が居ないので、父の日、母の日に何か贈り物をするという事は出来ませんが、感謝の気持ちだけでも贈ります。

父にはいっぱい怒られたし、いっぱい叩かれたし、物凄く恐い親父でした。

でも、
ウナギを釣りに行って自分の足の親指を釣ってしまい、物凄く足を腫らして帰ってきたり、
私が小学五年生の頃の夏に夜中に突然起こされて「鮎捕りに行くぞ!」って暗い川に連れて行かれて、鮎を取ったは良いけど、実は鮎漁の解禁前で、しかも監視員に見つかり、急いで捕った鮎を私の穿いている海パンの中に放り込んで隠し、監視員の目をごまかしてみたりとか、
真夜中に酔って帰って来て、突然料理を始め、出来上がったのが“鰻の骨のケチャップ姿炒め”なる世にもスプラッタな食べ物を「食え!」と脅してみたりとか、
ムチャをする親父でしたが、私は大好きでした。

普段はこんな話しは口にしませんが、ブログだと思いつれつれと書いてみました。
スポンサーサイト

Comment

ステキなお話し・・・ 

こんにちは〜!
もう直ぐ、父の日ですね!
父の日に貰った、ティッシュBOXカバーの似顔絵だったんですね!(hirachoo様のお顔を、想像する私v-410
「孝行したいときに親はおらず」
って言いますが
私も父を、幼い時に亡くし
一つだけ、後悔していて
誤りたい事があるんですよね・・・。
奥様との出会いは
本当に、お父様が計画した事だったのかもしれないですね!
きっとそうです!!v-410
天国から、hirachoo様のブログを読んで
微笑んでいるかもしれませんねv-410
感激して、泣いているかな?v-410
ステキv-352なお話を、ありがとうございます!!v-421
  • posted by ちゃーみー♪ 
  • URL 
  • 2007.06/13 16:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちゃーみー♪様 

こんにちは!

そうですか、ちゃーみー♪さんも御父様をなくされていらっしゃってたのですね。しかも幼少のときに…
御苦労お察し致します。

「孝行したい時に親はおらず」
ほんとそうですよねぇ。
ウチの妻も、今となっては両親に孝行の一つも出来ない事を悔やんでおります。

記事には正確に書いておりませんでしたが、
私にも妻にも現在、両親が居ないと表現しました。
ですが、ちょっと言い方(書き方)が変かも知れませんが私には母親が4人いました。
そして4人とも存命(のはず)です。
つまり、私の父は4回結婚をし、4回離婚をしているのです。
モテたのか、モテなかったのか良く解らない父です。
ただ、離婚の際に親権を取ったという事は、子供に対する愛情は持っていたと解釈しています。(結局預けられたけど(笑))

産みの母親は、東京在住の筈なのでいつか子供達を連れて訪ねて見たいとは思っております。
出来るうちに孝行はしといたほうが良いですよね!

親父は今の私をどう思っているかは解りませんが、
きっと、「けっ、もっとしっかりしやがれ!!」ってな感じで言われそうです。
基本的に江戸っ子のような親父でしたので(笑)
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.06/13 18:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

そうですか、お父様は、4度の結婚と離婚
いや〜、モテなかったら、4度は出来ないでしょう!v-410
hirachoo様のお話を読んでいたら
男気のあるお父様のようで・・・?
お母様がご健在なら
本当に1度会われるといいかもしれないですよね!
なんといっても、hirachoo様を
産んでくださった方ですもんね!
お母様も色々な思いがおありでしたでしょうし・・・。
私は、苦労と言うほどのものは
たいして、していないと思います。
hirachoo様こそ、色んな経験をされたのでしょうね?
そんな中、すくすくとお育ちになって・・・v-410(見た事あるんか?v-411
  • posted by ちゃーみー♪ 
  • URL 
  • 2007.06/15 17:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちゃーみー♪様 

コメント、ありがとうございます。

(横方向に)スクスクと育ったのは事実です(笑)

親父は水商売をしていましたし、自分もしょっちゅうそこらの店にのみに行っていたので、女性と知り合う機会はあったのかもしれません。

子供時代は確かに他の子供と比べて、色々な経験をしたとは思います。
でも、それは苦労を経験したとは思っていません。
どちらかと言うと面白い経験をさせてもらったと思っています。
もちろん、嫌な事もありましたが…
まぁ、それらをひっくるめて“いい経験をした”と思っています。

これからも、いい経験を積んでいきたいなぁ…
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2007.06/15 19:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

いぃあんべですか?

いぃあんべ計:
いぃあんべ今:

flash時計「OLD」

プロフィール

hirachoo

Author:hirachoo
性別:おやぢ
職業:なんちゃってプログラマー
家族:妻一人、子二人、愛人三人希望
現況:単身赴任中(週末父ちゃん)
趣味:木札等の木工制作
好事:地元の祭関係の事
    (山車、音頭 等)

東北は岩手の暮らしのローカルネタを
”いぃあんべ”に書き綴ってゆきます。

※いいあんべ、
 地元の方言で「良い按配」のこと。

・按配(あんばい)とは、
 加減・具合・程度のこと。




最近の記事+コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。