いぃあんべに

日々の事柄を「いぃあんべ」に綴って行きます。 更新不定期。支離滅裂。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な事になってしまいました。

つい先日に記事にしたスズメの雛ですが…

残念ながら上手く生かしてあげることが出来ませんでした。

昨日の夕方に妻から
「買い物から帰ってきたら、なんかぐったりしてる」
と報告があり、
「買い物に行く直前までは元気に鳴いていた」

「H(次男)が触りたいと言ったのでHに任せて買い物に行った」

「買い物から帰ってきて、しばらくしてから雛が静かなのが気になって見てみたら…」

「足の様子が変、首もなんか持ち上げられないような感じ、骨が折れているような感じ…」

と言うことでした。

話の流れを見ると、どうやら次男のHが可愛がっているつもりで、なんかしてしまったみたいです。
一応H(次男)とU(長男)に話は聞いてみたのですが、「何もしていない」との事だったらしいです。


ひとまず最初の報告の時は
「もう少し様子を見るしかないね」
「なにか変わったら、また連絡を頂戴」
と電話を切ったのですが、その後夜になってから
「やはり持たなかった…、様子を見たときには動かなくなっていた…」
と連絡がありました。

可愛そうな事をしました。
ホントの親の元から引き離され(巣から落ちて天井裏をさまよっていたとは言え)人間に飼われることになってしまい、やっと人間に馴れてきて「このまま飼っていけるんじゃない?」と思っていた矢先でした。

結構かわいいやつだったんです。
巣箱代わりのダンボールを覗くと気付いてピーピーと鳴いて餌をねだったり、
箱から出して外に出しておくと裏口の網戸の方へ行って外の様子を見ていたり、
部屋の中を妻が移動すると、後をチョコチョコと追いかけて来たりしていたそうです。
(様子を聞いただけでも情景が見えるようでなおさら…)

子供達の情操教育と言う意味で命の大切さとかを教えてあげたかったなんて大袈裟なことを言うつもりはありませんが、生き物を飼うことで何かしらのプラスになればとは思っていました。

次男のHは母親に
「鳥さんは死んじゃったんだよ。」
「もう動かないんだよ。」
「バイバイって撫でてあげなさい。」
等々、教えられて泣いていたそうです。

雛には可哀想なことをしてしまいました。
次男も少しショックだったでしょう。

結局昨晩は遅くまでこの件で妻とメールでやり取りをしていました。

前の記事にも書きましたが、生き物を飼うのは嫌いです。
死なれた(生かしてやれなかった)時にガックリきてしまいます。
私はその場に居なかったのでまだいいのですが、妻は結構引きずりそうな感じです。

慣れてきて、可愛いくなって来てたのに…
ホントに残念です。

妻と出した結論は、
「もう生き物を飼うのはやめよう」
でした。

なんかまとまりのない文章で失礼しました。

スポンサーサイト

Comment

No title 

残念な結果になっちゃいましたね。ご愁傷様でした。

こういうことを経験して命の大切さが分かっていくんでしょう。
UとHにはいい経験になったんじゃないですか?
  • posted by まつりパパ 
  • URL 
  • 2008.07/16 18:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

まつりパパさん 

ホント残念です。

Hにはこたえたみたいだけど、Uはあまり気にしていないようです。

カミさんが今日、裏の庭に埋葬しました。

  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2008.07/16 18:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

残念でしたね。
野生の生き物はやはり人間の手では育てにくいものなんでしょう。
あのままほっておいてもいずれは死を迎える運命だったのでhirachooさんの家族に救われた数日間だけでも決して無駄じゃなかったと思います。

ウチにも犬がいますけど、飼う時は面倒見ると言ってた娘も途中で何にもしなくなり叱った事があります。
生き物を飼うってことは簡単な事ではないです。
命を預かっているんだと言う事を肝に銘じておかなければいけませんね。
息子さん達も、いい体験をされたと思います。
自分の手の中で、命が消えるのを実感する事はなかなかありません。
これからの成長に期待したいですね。
  • posted by 蜩 
  • URL 
  • 2008.07/18 11:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

蜩さん 

こんにちは蜩さん、コメントありがとうございます。

確かに子供達には何がしかの影響があったと思われます。
(特に次男Hには)

せっかく人に馴れて、手を差し出せばピョンと飛び乗ってくるまで馴れていた小鳥の雛が死んでしまったのですから、その事に関してもう少し掘り下げて理解が出来るようにしたいですね。

子供達は虫でもなんでも、その場の欲求に正直にオモチャ感覚で欲しがります。
これからも命の大事さは教えていかないといけませんね。

  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2008.07/18 13:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんばんは。
残念で悲しい体験をしましたね。
慣れてきた矢先の出来事で、
こども達のショックも大きかったでしょう。

ただ、生きものの死に立ち会えるのはそうそうないでしょう。
育てることが出来ても、こうして死に直面しても、
貴重な経験をしたと思います。
それが分かるのはもう少し後になるかもしれませんが、
心の中にはしっかりと刻まれているはず。

生きることの厳しさや生きものへの愛情が、
きっとこの先役に立つ時が来るでしょうね。
  • posted by ギターオヤヂ 
  • URL 
  • 2008.07/19 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

ギターオヤヂさん 


コメントありがとうございます。
今回の件で一番気落ちしているのは、実はカミさんなんです。

子供達はモチロン「可哀相な事をした」と言う自覚はあるとはおもいますが…

いずれにせよ、今後はオモチャのような感覚で生き物を扱わないように自分も含めて気を付けて行きたいと思います。
  • posted by hirachoo 
  • URL 
  • 2008.07/20 01:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

いぃあんべですか?

いぃあんべ計:
いぃあんべ今:

flash時計「OLD」

プロフィール

hirachoo

Author:hirachoo
性別:おやぢ
職業:なんちゃってプログラマー
家族:妻一人、子二人、愛人三人希望
現況:単身赴任中(週末父ちゃん)
趣味:木札等の木工制作
好事:地元の祭関係の事
    (山車、音頭 等)

東北は岩手の暮らしのローカルネタを
”いぃあんべ”に書き綴ってゆきます。

※いいあんべ、
 地元の方言で「良い按配」のこと。

・按配(あんばい)とは、
 加減・具合・程度のこと。




最近の記事+コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。